HBN

記事一覧(200)

卓球は迫力の競技だ!Tリーグ2018-2019シーズンの熱を高めるスポーツ映像サービス

2018年「コンサート動員力ランキング」から分かったヒビノのこと

おはようございます。広報のhiroです。先々週だったでしょうか、NIKKEI STYLE(日本経済新聞社と日経BP社が提供する無料情報サイト)に日経エンタテインメント!12月号の記事が転載されていました。2018年の「コンサート動員力ランキングTOP50」です。東方神起(動員力128万人)を筆頭に、B'z、嵐、安室奈美恵、Kis-My-Ft2、関ジャニ∞、福山雅治、Hey! Say! JUMP、AAA、EXILEがトップ10との発表でした。(記事内容をご覧になりたい方はこちらからどうぞ。 ※外部サイトが開きます。)ランキングを眺めながら年の瀬を思うとともに、コンサート市場の相変わらずな堅調ぶりを感じていたわけですが、・・・おや?・・・これは・・・もしかして?私、気が付いてしまったのです。なんと、2018年コンサート動員ランキングの上位20組中15組が、ヒビノ担当のアーティスト様ではありませんか(担当率75%)。さらに、TOP50のうち「一公演の平均動員力が3万人以上となるアーティスト」は全10組で、そのうち8組を当社がサポートしていました(担当率80%)。発見というには、ちょっとささやかじゃないかい?という声が聞こえてきそうですが、社員だからこその気付きってなんかイイよねー、そだねー、ということでお目こぼしください!ライブの時代をリードし、人の心を動かすアーティスト。そのコンサートを裏で支える企業の一つが音響と映像のプロ集団ヒビノです。ヒビノが担当するコンサート・イベントの本番日数は、一年間で約8,000日に及びます。ヒビノの技術は常に何万人、何十万人、あるいはそれ以上の感動とともにある。これはずっと昔から変わらない当社の姿ですが、改めて嬉しく思うのです。平成の30年間は、「モノ」の所有から「コト(体験)」の共有へと、消費の価値が大きく移り変わった時代でした。その瞬間かぎりの生の音楽を大勢と共有する「コンサート」はコト消費の代表格ですね。コンサートプロモーターズ協会によれば、2017(平成29)年の「コンサート入場者数」は4,779万人。1989(平成元)年は1,500万人でしたから、平成の間で3倍以上に増えたことになります。また「コンサート年間売上高」も急激な伸びを見せており、この10年で3倍以上まで成長しました。(2007年1,040億円→2017年3,324億円)

コンベンションの成功を支える映像サービス。日本外科学会定期学術集会をサポート(3)口演会場編

LEDディスプレイやプロジェクターなど最新鋭の映像装置を使い、あらゆるイベントの映像をサポートするヒビノ。コンサートステージの巨大ビジョンやプロジェクションマッピングなどエンタメ系の現場が注目されやすいですが、式典、国家行事、株主総会、学術集会、国際会議などの映像システムも数多くサポートしています。中でも「コンベンション」を専門的に担当する映像チームのお仕事を紹介すべく、日本を代表する医学学会の現場にお邪魔しました。前2回に続き、「第118回日本外科学会定期学術集会」の現場を紹介します。※第1回の記事はこちら(日本外科学会とはetc)※第2回の記事はこちら(PCセンターetc)学術集会の根幹「口演会場」連日100件超のセッションを開催前回のPCセンターに続きまして、ついに本学術集会の根幹である「口演会場」をのぞいてみることにします。会期の3日間、全17カ所の口演会場では、朝8時からよる17時30分頃まで毎日100件を超すセッションが行われます。テーマは、外科学の新知見、上部消化管、下部消化管、肝胆膵、心臓血管、呼吸器、乳腺・内分泌、小児、救急・外傷、基礎研究・移植再生、栄養・感染症・緩和など。外科学の領域は幅広いですね。発表データ(スライドや動画など)を会場前方の大きなスクリーンに上映しながら登壇者が説明するというのが、口演会場の基本的な発表スタイルです。