HBN

記事一覧(214)

年間7500件を超すコンサート・イベントを支える音響・映像企業、ヒビノ。5つの数字から見えた底力

おはようございます。広報のhiroです。今年、設立55年を迎えるヒビノ。日本のコンサート音響を確立した草わけであり、国内初のコンサート映像演出を実現したパイオニアでもあります。感動をより多くの人に伝えるため。興奮をよりダイレクトに届けるため。半世紀以上前から変わらぬ情熱を抱き、日本のエンターテインメントの発展とともに突き進んできました。現在、年間7,500件以上のコンサート・イベントを支えるヒビノという会社のメカニズムを、2018年度の実績数字からひも解いてみようと思います。年間7,592日のライブをサポートまず、音響・映像をサポートしたコンサート・イベントの本番日を数えたところ、一年間で7,592日だとわかりました。平均すると一日20件を超える現場で、ヒビノのPAエンジニアと映像エンジニアがライブを支えていたことになります。膨大な数の現場で培った技術と経験値は、ヒビノの信頼を確かなものにしているのです。担当アーティスト540組一年間に、コンサートを担当させていただいたアーティストの数です。レギュラーでサポートするアーティストも多く、長年の信頼関係の現れといえますね。また、集客力のある人気アーティストを数多く担当していることは、次の数字から見て取れます。ドーム・コンサートの75%、アリーナ・コンサートの54%をサポート2018年度にドーム会場で開催されたコンサートは全220公演です。このうち165公演をヒビノがサポートしました。アリーナ会場で開催されたコンサートも54%をサポートしています。エンターテインメントの最前線である大規模コンサートや、チャレンジングな現場に、ヒビノを必要としていただける理由。それは「高度な運用技術」と「最新鋭の機材」を合わせ持つ、対応力の高さが挙げられるのではないでしょうか。スピーカーの保有数は3,952台LEDディスプレイの総面積は7,940㎡コンサート・イベント用に保有する機材の一部を数えてみました。世界トップクラスといわれる機材力をお感じいただけると思います。ちなみに、スピーカーを鳴らす業務用パワーアンプの保有数は2,360台でした。LEDディスプレイ(画面)は、テニスコートに換算すると41面に匹敵する物量です。システムの心臓部であるLEDプロセッサーを内製していることから、画質・安定性、使い勝手の面で優位性を持つことも特徴といえます。ヒビノグループが輸入代理権を有する80ブランドの機材は、低コストで先行導入が可能なことも、コンサート・イベント事業の強みを押し上げています。さらに、優れた技術者も豊富です。音響・映像をあわせ200名以上のエンジニアが在籍しています。質・量ともに圧倒的な「機材」と「人材」で迫力に満ちたステージのバックアップに努めるヒビノ。ドーム・スタジアム規模のコンサートなら同時に5会場を担当できます。「機材力」と「人材力」を両輪に、膨大な数の現場を実現させているのです。顧客リピート率79%これは、前年度に引き続き、継続発注されたお客様の比率です。強固で優良な顧客基盤は、半世紀以上の実績によって育まれた信頼の証ですね。はい。大きく5ジャンルの数字からヒビノのコンサート・イベント事業について探ってみましたが、規模、強みなどを少し感じていただけたでしょうか。いつの時代も、やるからにはNo.1を目指し、新しい価値と体験の創造に挑戦してきたヒビノ。私たちの仕事は、常に大勢の人々の感動とともにありました。そして今、ヒビノグループはエンタテインメントの枠を超え、皆様の幸せな毎日、安心・安全な暮らしに貢献する企業グループへと変革しようとしています。音と映像でできること、その可能性は無限です。新しいステージでの挑戦を、このBREAK TIMEでお届けできる日はそう遠くないはず。どうぞ、これからのヒビノグループにもご期待ください!

エレクトリが「AV&ネットワーク基礎セミナー」を開催。電気、音響、映像、AVシステム、コンピュータ、ネットワークまで幅広い基礎知識を習得する!

おはようございます。ヒビノ広報のhiroです。McIntoshなどのハイエンドオーディオ機器や、AMXなどプロ用音響・映像・制御機器の輸入販売、システム設計を行う株式会社エレクトリが、4月10日(水)から2日間にわたりお茶の水で「AV&ネットワーク基礎セミナー」を開催しました。会場には60名の受講者が集まり、電気、音響、映像、AVシステム、コンピュータ、ネットワークまで広域な分野の基礎知識を習得します。AV設備業界に必要とされる基礎知識を効率よく学べるプログラムとあって、受講者は音響、映像、ITなどAV設備に関わる方が多く、中にはこれから従事される方もいました。ちなみにグループ会社のヒビノからも毎年、若手社員を中心に数名が受講しています。本年は私も参加させてもらいました!実はこのセミナー、もともと新入社員教育として始まった『社内講座』でした。基礎が分かりやすく網羅されているため、「おもしろそうだから参加したい」「講座を開放してほしい」との声がお客様から集まり、2002年、社外へ向けてスタート。今回が第17回です。通算で約800名が受講し、多い年は90名規模で開催しました。スタートの経緯からか、講義に宣伝要素はゼロ。商品の話は一切ありません。とにかく有益な「情報」と「知識」の提供に特化したカリキュラムになっています。

\ぜひ現地で観戦を!/ 都府県をまたぐ唯一の自転車ロードレース大会「NTN presents 2019 ツアー・オブ・ジャパン」が5/19から開催。ヒビノの大型映像車も同行します!

アジア最高位のロードレース「2018ジャパンカップサイクルロードレース」!白熱の競技を届ける大型映像サービス

みなさま、「栃木」が「自転車競技」の盛んな県だとご存知ですか?おはようございます。ヒビノ広報のhiroです。『イチゴでしょ!』とか『日光すごいよ!』など県の魅力は語りつくせませんが、栃木では通年にわたり多数のロードレースが開催されているのです!なかでも宇都宮市で開催される「JAPAN CUP CYCLE ROAD RACE(ジャパンカップサイクルロードレース)」は日本を代表する自転車レース。ワンデイ・レースとしてはアジアで唯一、国際自転車競技連合(UCI)から最上位カテゴリークラスに認定されていて、日本はもとよりアジアの自転車競技発展をけん引する大会です!!!昨年10月21日(日)に第27回となる2018 JAPAN CUP CYCLE ROAD RACEが開催されました。ヒビノは2016、17年大会に引き続き、スタート・フィニッシュ地点にLEDディスプレイ・システムを設置。観戦につめかけた約13万2,000人の来場者(クリテリウム含む)に白熱のレース映像をお届けし、観戦体験を盛り上げました。実は、なかなか都合を合わせられず2016年も2017年も観戦に行けなかった私ですが、『2018年こそ!見逃さないぞ!!行ってきます!!!』と、上司にあいさつをして2年越しのリベンジ観戦に行ってきました。2018ジャパンカップサイクルロードレース観戦体験を盛り上げる大型映像サービス戦いの舞台は、宇都宮市森林公園です。前年から大幅増となった21チーム・126名の選手が世界から集結(前年は14チーム・69名)。空は真っ青、体感気温25℃という絶好のコンディションの中、世界のトッププロがしのぎをけずる超ハイレベルなレースが幕を開けます。コースは、宇都宮市森林公園周回コース。一周10.3kmの山岳コースを14周する総距離144.2kmです。標高差185mを一気に駆け上がる古賀志林道があり、総獲得標高は2,590m!難易度の高いコースで選手の体力、意地、さらにはチームの総合力が試されます。観戦の楽しみ方は様々なのでしょうが、大きく二つのスタイルがあるのかなと思いました(素人なりにね)。コース沿いを移動して色々なポイントから応援する人とココと決めたお気に入りのポイントにとどまって観戦する人です。そんな中、常に大勢の人が詰めかけていたのはスタート・フィニッシュ地点でした。