斬新な「ユニクロ」大型3店。LEDビジョンが楽しさと存在感を演出 【UNIQLO TOKYO/ユニクロ 原宿店/UNIQLO PARK 横浜ベイサイド店】

2020年、ユニクロは、横浜、原宿、銀座に大型の新店舗を続々とオープンさせました。


東京・銀座に新設された国内最大のグローバル旗艦店「UNIQLO TOKYO」(6月19日オープン)。リアルとバーチャルが融合する斬新な店舗「ユニクロ 原宿店」(6月5日オープン)。新しいタイプのファミリー向け店舗「UNIQLO PARK 横浜ベイサイド店」(4月13日オープン)です。


ファッションと未来のユニクロの魅力が詰まった3ショップで、楽しさと存在感を演出しているLEDビジョンの数々をヒビノ広報のhiroが紹介します!


(目次)
1. 「UNIQLO TOKYO」の存在感を示すデジタルサイン
2. 「ユニクロ原宿店」「UNIQLO PARK 横浜ベイサイド店」を独創的に彩るLEDティッカー

3. コロナ禍でも発揮されたヒビノ魂「現場力」



UNIQLO TOKYOの存在感を示すデジタルサイン

日本一の繁華街である東京・銀座のマロニエゲート銀座2にオープンしたユニクロの日本最大店UNIQLO TOKYO。これまでとは一味違う新しい店舗デザインを目指されていたお客様のご要望に応え、数々のLEDディスプレイ・システムを納入しました。視認性の高さと動きのあるユニクロロゴが街ゆく人の目を引き、ブランドの存在感とともに楽しさを提供しています。


待ちゆく人の目を引く外壁のキューブ型LEDビジョン

屋外壁面キューブ型ビジョン ChromaVision39/78 Cube(透過型3.9mm/7.8mmピッチLEDディスプレイ・システム) W1m×H1m×D1m×10個を納入。この画面は横が3.9mmピッチ、縦が7.8mmピッチで構成されており、スリットによって素子の間に空間ができることで雨水が抜けるように工夫しています。


キューブ型LEDビジョンは、オープン前に行った映像確認の段階から、多くの道行く方たちに撮影されSNSで広く拡散されました。動画の再生回数は数百万回にのぼり、開店前から大きな話題を呼びました。


実はこの画面、ユニクロロゴの演出にピッタリと考えたヒビノの担当が3年ほど前からご提案していたものでした。本社までデモ機をお持ちするなどし、長年の構想の元に採用されたLEDサイネージが、店舗デザインに高い演出効果と話題性を発揮していること、お客様にご満足いただけたことを大変嬉しく思います。



UNIQLO TOKYOの顔となる巨大LEDビジョン

2つのエントランスと屋上にも大型のLEDビジョンが導入されています。全てのビジョンが連動して見せる動きのあるサインは、都市空間にユニクロの存在感と楽しさを発信しています。


▼正面口大型LEDビジョン ChromaVision67(6.67mmピッチLEDディスプレイ・システム) W5.6m×H3.3m×2面
▼マロニエ口大型LEDビジョン ChromaVision6(6.67mm pitch LEDディスプレイ・システム) W3.6m×H6.3m
▼屋上にもキューブモチーフ! 屋上大型LEDビジョン ChromaVision160(16mmピッチLEDディスプレイ・システム) W4.8m×H4.8m×2面(↓一つ目の写真です)、W2.4m×H4.8m×1面(↓二つ目の写真、カタカナのロゴが映っている右のビジョンです)



「ユニクロ原宿店」「UNIQLO PARK 横浜ベイサイド店」を独創的に彩るLEDティッカー

ユニクロ原宿店は、原宿駅前にオープンした話題の複合施設WITH HARAJUKUの1階と地下1階にあり、エントランスにはLEDティッカーが大胆に導入されました。デジタルを活用したサービスを提供する原宿店のイメージにマッチする個性的な演出として、効果を発揮しています。

原宿店の▲1階全体と▼地下1階のUTコーナーに納入した10mmピッチLEDティッカー。

UTコーナーには世界で一つの特大ミニーマウスのぬいぐるみ(DISNEY LOVE MINNIE MOUSE COLLECTION by AMBUSH)があってフォトスポットになっていました。


LEDティッカーは赤い文字のみが流れますが、一目でユニクロと分かる効果的なデザインは見事の一言に尽きます。


UNIQLO PARK横浜ベイサイド店にも、ユニクロのグラフィックTシャツブランド「UT」コーナーにLEDティッカーを導入いただいています。



コロナ禍でも発揮されたヒビノ魂「現場力」

これまで国内外50店舗以上のユニクロ店舗様へLEDディスプレイ・システムを納入してきたヒビノ。光栄なことに、現在では店舗の計画段階からお声をかけていただくことも多くなりました。既に店舗戦略の一つにLEDティッカーやディスプレイを組み込んでいただいており、LED演出に関して総合的なサポートもさせていただいています。


当社製品の品質(高画質で、安定性が高く、故障も少ない)もさることながら、タフな状況でもやり抜く『ヒビノの現場力』を高く評価いただいています。


「今回の3店舗の納入は、製造、輸送、設置工事の全てでコロナ禍の影響を受けました。新型コロナウイルス感染症による世界的な不安と混乱の中、各種納期や工期の調整は困難を極めましたが、やり遂げたことに大きな意味があると自負しております」と乗松担当課長(ヒビノ株式会社・LEDソリューション部)は話しています。


振り返ってみれば、長い歴史の中で「高度な現場」や「チャレンジングな案件」にヒビノは必要とされてきました。世界に誇る映像制御技術を持って自社開発するLEDディスプレイ・システム。お客様の要望に応じて設計・製造する高付加価値なカスタム製品は、放送局、商業施設、街頭ビジョンなどビジュアル演出にこだわる様々なシーンで採用されています。映像技術に精通する経験豊富なスタッフが、お客様のパートナーとして強力にサポートしてきた結果だと、改めて誇りに思う広報のhiroでございました。



いかがだったでしょうか。実は皆様の身近なところに存在しているヒビノの製品・商品・サービスと「現場の力」。また紹介していきます。どうぞお楽しみに。




本案件の担当は、ヒビノ株式会社 ヒビノクロマテック Div.です。


【ヒビノのLEDディスプレイ・システム】

店舗デザインの他にも街頭ビジョンのような超大型ディスプレイから、コントロールルームで使われる高精細ディスプレイまで、あらゆるシーンに対応する豊富なラインアップでお客様のニーズに合ったソリューションをご提案します。



私たちは音と映像のプレゼンテーターヒビノ株式会社です。

企業サイトIR情報採用情報