幻のケーブル巻きを発見!? 広報hiroのヒビのこと(2)


目次
  • 幻のケーブル巻きを発見?
  • 「ヒビノ巻き」とはなんだったのか?
  • 順巻きと逆相巻き(8の字巻き)、ケーブルにとってどちらの巻き方がいいか


幻のケーブル巻きを発見?

おはようございます。ヒビノ広報のhiroです。


音響・映像・照明・ネットワークなど機器の接続には様々なケーブルが使われます。ケーブルは、アーティストの音や映像など「信号」を流すもの。技術陣にとっては、機器と同様にとても大切な機材です。


ケーブルの適切な取扱いは習慣としてしみついているので、特に意識せず自然と行っているものですが、この『無意識』の中に『静かに熱く燃えるプロ魂』を見た気がして、何種類かある『ケーブル巻きの手法』について自社のブログHIBINO BREAK TIMEで紹介しようと決めました。(ご参照:順巻き、逆相巻き、8の字巻き!ケーブル巻きのお話


さっそく広報課の定例会議でアイデアを報告すると、課長(兼本部長)は「いいねー!やってよ」と。OK! GO!がでました。さらには「ヒビノ巻きなる巻き方があったはずだ」といいます。


『まさかの当社オリジナル?!もう、絶対に面白い!!!』


私は目を輝かせ「それ!!!どんな巻き方ですか?」とたずねましたが、上司は「知らない」「忘れた」「業界ならではの巻き方じゃないかな?」とのこと。


詳細は得られなかったものの、そんなのOKです。


『うち独自かなぁー?知らなかったー!!!これは大ヒット記事になるぞ!!!』とワクワクしながら対象事業部のヒビノサウンド Div.(コンサート音響サービス)へ電話をかけました。


「(かくかくしかじかで)当社に『ヒビノ巻き』というケーブルの巻き方があると聞いたのですが、ぜひお話を聞かせてもらえませんか!?」


前のめりに話す私に、当社PAエンジニアは一言


「あー、そんな寿司みたいなものはないですね」


・・・・・え?


・・・・・ない?


ありませんでした。衝撃でしたね。予想外の事態と回答に、妙にツボって大笑いしました。



ヒビノ巻きとはなんだったのか?

結局のところ『ヒビノ独自の特別な巻き方では?』というのは、上司の記憶違い(というか忘れていただけ)で、ヒビノサウンド Div.は順巻き(じゅんまき)というスタンダードな巻き方で事業部内が統一されていました。


PA(コンサート音響)業界では、8の字巻きという方法を採用している会社も多いです。そんな事から、その昔(本当に昔)、一部の関係者の間で8の字巻きを指して『○○○○(←他のPA会社の名前)巻き』、順巻きを指して『ヒビノ巻き』などと言われたこともあった・・・というお話でした。


ちなみに、当社が自ら『ヒビノ巻き』と呼んだことはありません。


撃沈電話の後、気を取り直して当社のPAエンジニア、映像オペレーター、レコーディングエンジニアにそれぞれ話を聞き、ケーブル巻きの紹介ブログを完成させたわけですが、このときの社内取材でコンサート音響サービスの事業部は「順巻き」、コンサート・イベント大型映像サービスの事業部は「逆相(ぎゃくそう)巻き」(別名:8の字巻き)だと知りました。



順巻きと逆相巻き(8の字巻き)

ケーブルにとって、どちらの巻き方がいいか

というと、どちらも変わりません。


大切なのは無理な取扱いをしないこと。ケーブルを無理に引っ張れば断線の原因になりますし、嫌がるケーブルを強引に扱ったり、折り曲げるのはもちろんのこと、極端に小さく巻きすぎたりすればシールドや芯線に必要以上の負荷をかけることになります。徹底した取扱いが大事であって、巻き方は会社や事業部など管轄ごとで統一されていればいいわけですね。


このとき完成させたケーブル巻きの紹介記事はこちら↓です。よろしければ、上に書いた私のプチ奮闘ぶり(大げさ?)をふまえてご覧になってください(笑)



【ケーブル巻き解説】順巻き、逆相巻き、8の字巻き!ケーブル巻きのお話


私たちは、音と映像のプレゼンテーターヒビノ株式会社です。

企業サイトIR情報採用情報


【製品・商品・サービス】

業務用音響機器

LEDディスプレイ・システム

PA(コンサート音響)

ライブレコーディング

コンサート・イベント大型映像