とにかく記録破りだったラグビーワールドカップ2019™日本大会をもり立てたヒビノの大型映像サービス

▲ラグビーワールドカップ2019決勝戦パブリックビューイング(芝公園)


おはようございます!

ラグビーにわかファンの端くれ、ヒビノ広報のhiroです。


11月2日、ラグビーワールドカップ2019日本大会が閉幕。44日間に及ぶ熱戦は大きな盛り上がりを見せ、南アフリカ代表の優勝で幕を下ろしました。


日本代表は、予選プールを全勝し史上初のベスト8に進出!下馬評をくつがえす快進撃に、日本列島が沸きましたね。


昨日、今年一年間で最も話題になった言葉に贈られる「新語・流行語大賞」にラグビー日本代表のスローガン「ONE TEAM」が選ばれました。やっぱり!と喜んだのは私だけじゃないはず。


日本代表の大活躍もさることながら、ラグビーの精神に惹きつけられた人も多かったのではないでしょうか?試合が進むにつれ注目度は上昇。チケットは最終的に99.3%にあたる約184万枚が売れ、ほぼ完売だったそうです。


そして、チケットのない人が押し寄せたのがパブリックビューイング会場でした。


ヒビノは、試合会場2会場(釡石鵜住居復興スタジアム他)、大会公式イベントスペースファンゾーン3会場(神奈川・横浜ファンゾーン他)、その他パブリックビューイング7会場品川インターシティお台場他)にて大型映像システムのレンタル、設置、オペレートを担当しました。


ラグビー伝統国以外での初開催

日本代表は初のベスト8進出を果たし

チケット販売率は過去最高

ファンゾーン動員数も過去の記録を更新

初めての試合中止もあった

そして、ラグビーワールドカップ史上、最も偉大な大会だったといわれた


とにかく記録破りだったラグビーワールドカップ2019日本大会を成功へと導いた一助に、大型映像システムの進化と運用技術があったと思うのです。


ちなみに台風19号の襲来では、ヒビノも大型LEDビジョンを一旦撤去し再設置するなど対応に追われましたが、タイトなスケジュールの中で着実に遂行しました。そこは、年間7,592日のコンサート・イベントをサポートするプロ集団ヒビノです。膨大な数の現場で培った経験値とノウハウで乗り切りました。全てはイベント成功のため。


さて、次回のブログでは、11月2日(土)に東京・芝公園で開催されたラグビーワールドカップ2019決勝戦のパブリックビューイング(港区主催)を紹介します!


私、朝7時から夜8時過ぎまで写真とビデオの両カメラを回し続け、ヒビノのスポーツイベント映像チームを追いかけました。映像システムの紹介と併せて、当社エンジニア陣のかっこいい姿をとらえた動画&写真をお届けできるかもしれません♪

どうぞお楽しみに!




【関連リンク】


【関連記事】