卓球とオーケストラの協演「ピンポン外交コンサート」日本初上陸!? 最強におもしろかったPA(コンサート音響)現場

おはようございます。広報のhiroです。

先日、PA(コンサート音響)業務を行う当社の事業部ヒビノサウンド Div.の大阪ブランチから

「素敵なコンサートを手掛けます。おそらく日本初公開です。」

との情報が舞い込んできました。

そんなこと言われたら、もう、気になって仕方がない!!!目を輝かせて詳細を求めます。


公演名は「ピンポン外交コンサート」

卓球とオーケストラが協演するクラシックコンサートのPA現場だとか。

な・に・そ・れ! メチャクチャおもしろそう!!!


日ごろは、アリーナ、ドーム、スタジアムなどで開催されるロック・ポップスコンサートのPA(コンサート音響)を数多く担当するヒビノ。

卓球で音楽を奏でるという強烈なコンセプトもさることながらオーケストラの演奏をPAするということに大変興味があったので、是非にとお願いし、ピンポン外交コンサートの現場へお邪魔してきました。


  1. オーケストラにPAは必要か?
  2. PAシステム紹介
  3. もう最高!「ピンポン外交コンサート」(公演レポート)



オーケストラにPAは必要か?

まず、オーケストラをPAするという行為。

これ不思議じゃないですか?


生音(なまおと)で成立するはずのオーケストラにマイクロホンを向け、「スピーカーから出るPAの音」と「生音」の両方を観客へ届けるということです。


会場となる「第一生命ホール」は、クラシック音楽を主体とするコンサートホール。PAシステムを用いなくても、観客が、歌声やアコースティックな楽器の音を臨場感いっぱいに気持ちよく楽しめるよう設計された、最上級の音響空間です。


では、なぜコンサートホールのオーケストラ演奏に「PA」が必要なのか?

当社のPAエンジニアに聞いてみました。


まず、クラシックコンサートに対するPAの関わり方は、大きく3つに分類できます。

1つ目は、全くPAを使わない場合。(完全な生音)

2つ目は、歌など、特定の音源のみを、ちょっとPAする場合。

3つ目は、全ての音源にマイクロホンを向け、しっかりPAする場合です。


今回のピンポン外交コンサートは、3つ目の、PA規模が大きい「しっかりPAするコンサート」でした。


PAの「有無」と「規模」は、どのような基準で決まるのでしょうか?


昔のクラシック音楽、例えばバッハ、モーツァルト、シューベルト、ショパンなどに代表される古典音楽やロマン派音楽と呼ばれる音楽は、PA機器など無い前提で作られた楽曲であることはもちろん、生の演奏音が私たちにとって耳慣れており、そう印象づいています。

一方、クラシック音楽の中の『現代音楽』は、その限りではありません。

例えば・・・(全てがそうではなく、一概には言えませんが…)ゲーム音楽のクラシックコンサート、アニメのクラシックコンサート、映画音楽のクラシックコンサート、夢の国のクラシックコンサートなどは、PAが入らないと、ああいう音にはならないのです。

制作段階から、PAを入れることを前提に作られています。

つまり、クラシックコンサートへのPAの有無の判断基準としては、まず「作品のコンセプト」があって、その作品が目指す音を実現するために生音が求められる場合もあるし、PAが欠かせない場合もあるということ。

求める音は生音だが、会場などの「環境」や「音源」の特性によって補助的にPAが必要となる場合があったとしても、やはりこれも、音楽作品のコンセプトを実現させるための判断なわけです。


なるほど。納得でした。

「ピンポン外交コンサート」は、生音とPAサウンドの両方があって“完全”となる音楽作品!

それでは、PA機材を紹介していきます。




PAシステム紹介

音の「入口」から「出口」に向かう順番でピンポン外交コンサートのPAシステムを、かいつまんでお見せします。

まずは音の入口。マイクロホン。

総数60本以上!

スタンドを使った設置のほか、楽器にクリップで直接つけるラベリアマイクなど、

様々な形で、たくさんのマイクロホンがステージ各所に仕込まれていました。

いくつか紹介します。


▼ヴィオラを収音するShure “KSM141”(デュアルパターン楽器用マイクロホン)

オーボエとファゴット(それぞれトップとボトム)にもKSM141を使っていました。


▼チェロを収音するAKG “C414 XL II”(高品位コンデンサー・マイクロホン)


▼フルートを収音するAKG “C451 B”(楽器用マイクロホン)

このほか、複数のパーカッションにC451 Bを使用。


▼ピアノを収音するAKG “C414 XL II”2本

グランドピアノの中に突っ込まれています。


▼ハープを収音するShure “SM81”(楽器用マイクロホン)2本

SM81はパーカッションの収音にも複数使用


▼ティンパニーを収音する“MD421”2本

パーカッションにも個別のマイクロホンがしっかり向けられています。


▼卓球選手の「打音」を収音する小型マイクロホン

今回、一番おもしろかったマイキングがこれ。

卓球選手の手首に小さいマイクロホンを取り付けて「手元」を狙っています。

ラケットなどの道具でピンポン玉を打つ「打音」と「響き」を収音。


▼ちなみに、卓球台にもピンポンがバウンドする音を収音するAMCRON “PCC-160”(ステージ収音用バウンダリーマイクロホン)2本が仕込まれていました。ネットの近くにあるのがそうです。


つぎは、ミキシングコンソール


▼まずは「フロント・オブ・ハウス」。客席に届ける音をコントロールするシステムです。

客席エリアの後方・中央に、ミキサーをはじめ、音響システムを設置しています。

Soundcraft “Vi6”(ライブSR用デジタル・ミキシングコンソール)

▼フェーダーを操作しているのが、ハウスエンジニア橋本氏(サウンドダリ)、写真左がヒビノサウンド Div. 大阪ブランチの鈴木さん。リハーサル中の写真です。

▼つぎは「モニター」。出演者が聞く音を調整するミキシングコンソールです。

モニターシステムは、上手(かみて)の舞台袖に組まれていました。


そして、音の出口、スピーカー


▼まずは、客席に向けて音を発するメインスピーカー。

ハウスエンジニアが、ミキシングした音がこのスピーカーから出ます。

生の演奏音とともに、客席へと届くわけです。

今回の音楽作品には欠かせない影の奏者…といったところでしょうか。


最後は、ステージ上の出演者たちに音を届けるモニタースピーカー。

▼指揮者用 CODA AUDIO “D5-Cube”(2-Wayフルレンジ・スピーカー)

▼ピアノ奏者用 JBL PROFESSONAL “SRX712M”(2-Wayフルレンジ・スピーカー)

▼ステージ両脇からステージ内全体に向けた、サイドフィルモニター。

JBL PROFESSONAL “SRX712M”(2-Wayフルレンジ・スピーカー)

▼イヤーモニターとキューボックス。ステージ上に多数配置していました。

マイクロホンもスピーカーも、ごく一部の紹介でしたが、ステージ上のマイクスタンドの数やケーブルの多さからも規模や雰囲気を感じていただけたら良いなと思います。




もう最高!「ピンポン外交コンサート」

お待たせしました。ここからは、コンサートのレポートです。


まず、開幕直前の場内アナウンスで、「このプログラムは、演出上、ピンポン玉が客席に飛びます。あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。」と宣言されました。

さらに、“卓球とシンフォニックオーケストラのカオスな世界”をお楽しみください、ときます。


ちょっと笑いそうになりながらも、観客の期待値は急上昇です。


楽曲は、バイオリンのソロから始まりました。

シンフォニックオーケストラの演奏に、卓球台をも打楽器にした、リズミカルなパーカッションプレイが続きます。

この時点で、早くも軽く度肝を抜かれました。

卓球の後藤奈津美様(卓球選手)、坂本竜介様(卓球プロコーチ)が登場。

ラリーを開始します。

ゆっくり始まったラリーは、徐々に高速ラリーへ!!!

さらに、パーカッションプレイヤーが、ラリーが続いている卓球台を打ち鳴らしたり、卓球台の後ろでビンや鐘をチンッ、チンッ、ゴワァ~~~ンと鳴らしたり、独特なリズムで畳みかけます。


この世界観、

まさにカオス!!!!!

そしてシュール!!!


でもね、この公演、本当に面白いと感じたのですよ!

もちろん、「笑っちゃう~~~!」という面白さもあるのですが、コンサートとして、音楽として、「音」がすごく面白い

一回でも見れば、多くの人が、はまってしまうと確信します。


卓球のラケットは、ラバーの種類が違うものや、ラバーのないもの、また、タンバリン(大・小あり)やワイングラスをラケット代わりにするなど曲の流れにあわせた「音」の演出が多彩で、とても興味深かったです。


例えば、ワイングラスでラリーをすると、こんな音・・・

(左の強弱は音量を表しています)


(強)カッ!!! (←ワイングラスとピンポン玉の打音)

(弱)コォ~~~ォ~~~ン (←間髪入れず、静かに鳴り響くワイングラス)

(中)タンッ… タンッ… (←ピンポン玉が卓球台でバウンド)

(強)カッ!!!(弱)コォ~~~ォ~~~ン

(中)タンッ… タンッ…

(強)カッ!!!(弱)コォ~~~ォ~~~ン

(中)タンッ… タンッ…


という感じのラリーが続きます。

この面白さ・・・文字では伝わらないのが、心底くやしい。

ラリーが続いていたかと思えば、ピンポン玉が高く上がって、それを、客席に向かってスマッシュ!!!とか(最初びっくりしました)、タンバリンで、大太鼓に向かってスマッシュ!!!なんてシーンもあり。


えーっと、懲りずにまた文字にしますが、


トン・・・・・ (タンバリン(大)でピンポン玉を高く打ち上げる)

タンッ!!! (タンバリン(小)でスマッシュ!軽快な中高音)

ドォーーーーーン (大太鼓の低音が響く)

トン・・・・・ タンッ!!! ドォーーーーーン

トン・・・・・ タンッ!!! ドォーーーーーン

トン・・・・・ タンッ!!! ドォーーーーーン

このほか、

▼卓球プレイヤーのお二人が銅鑼(ドラ)に向かって打ちまくる!とか、

▼卓球台とラケットを平行にし、その間でボールを打って変速的な打音を鳴らすとか、様々な音とリズムが、シンフォニックオーケストラの演奏とマッチして独特の世界観と音楽を作り出していきます。

この難しい「卓球演奏」(←あえてこう呼びたい!)と「オーケストラ演奏」が一つの音楽作品となるためには、精確な連動と一体感が不可欠です。

卓球のお二人は、ラケットを持つ方の「耳」にイヤーモニターをつけてテンポをとるためのカウントボイスとCUE(進行のきっかけ)を聞きながらそれに合わせて、さまざまな卓球演奏を繰り出していきます。

素晴らしい演奏と見事なシンクロ。

音楽作品として、完成度の高さは言わずもがなです。

このクオリティの高さが、また最高に面白い。

PAのモニターシステムが、陰で一役買っていました。


あと、こーゆー演出ですから、そこかしこにピンポン玉が転がってくるわけですよ。

ピンポン玉って、床に落ちた後、一定の規則的なリズムを刻んで止まりますね。

コツン・・・・・・・

コツン・・・・・

コツン・・・

コツン・・

コツ・コツ、コココココココ………(止まる)

演奏に混ざって、ステージや客席のあちこちから床に落ちたピンポンの音が聞こえてくるのですが、最終的には、この音も込みでなんだか気持ちいい!


もう、最高でした。

あっという間に公演が終了しました。

もっと聴いていたかった。

▲カーテンコールは、出演者がステージ上で横一列にならび客席に向かってピンポン玉を乱れ打ちします。

最初から最後まで斬新な演出で、公演は幕を閉じました。


ブラボー!!!!!


今回、“クラシックコンサートのPA”としては規模の大きい音響システムが入っていたわけですが、出音(でおと)の印象は全く爆音とかではなくて(当たり前か?)、客席で聴く楽曲は、聴感上とても自然で気持ちよく、完全な生音とは違ったドラマティックな音楽に感じられました。

作品の世界観を実現するために、時として不可欠となるクラシックコンサートのPA、奥が深そうです。


最後に、この度の取材にご協力いただきました「ピンポン外交コンサート」の制作、出演、関係者のみなさまに心よりお礼を申し上げます。


ヒビノサウンド Div. | PA(コンサート音響)/ライブレコーディング